埼玉県 花と自然と歴史の町|神川町観光協会

神川町
image

カテゴリ: 新着情報 / お知らせ / 花情報

金鑚元三大師 節分会 「鬼はどこ?」

 毎年2月3日に行われる節分行事ですが、ここ神川町金鑚元三大師の節分会は、ちょっと違います。「福は~内、福は~内、福は~内。」と三回の掛け声で豆を撒きます。一般的な「鬼は~外。」という掛け声は、全くありません。

その昔、京の都に流行する疫病に苦しむ人々のため、元三大師は自らが鬼の姿になった刷り物を護符(お札)として人々に配布し、疫病を退散させたという言い伝えがあります。

元三大師は、別名「角大師(鬼大師)」とも言われ、現在もその鬼姿の大師が刷られた護符は檀信徒に配布され、家の戸口に貼ることで厄災除けとされています。

ここ金鑚元三大師での「鬼」は、邪悪なものの象徴とはされず、守護的な存在でいるようです。ですから、「鬼は~外。」がないことも理解できます。

 

その他にも、浅草寺、成田山新勝寺、高尾山、川崎大師、伊勢神宮なども「鬼は~外。」とは言わないそうです。